About EALC

シカゴ大学の東アジア言語文化研究科(EALC)は中国、日本、韓国の過去、現在の革新的人文学研究の最先端に立っている。教授陣の専門領域は、古代の古文書学から現代の映画まであり、学際的研究、地域の枠を超えた研究が大いに奨励されている。

この学科は、学部生は主専攻、副専攻とすることができ、大学院では博士課程のコースまで備わっている。語学は、中国、日本、韓国は初級レベルから最上級まで四年間にわたるコースがある。さらに、古典中国語、日本の近代文語、また学術的日本語のクラスが選択できる。

夏期集中講座で、最初の二年間のコースが学べる。中国語の場合は、当学科の中国語担当の教師から北京での夏のコースで受けることも可能である。

系主任致词